プロフィール

Author:マグノリア

最近の記事

カテゴリー

アフィリエイト

予約宿名人

日本の旅行お得な情報

最近のコメント

FC2アフィリエイト

父の日・ギフト・花束・母の日

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

12カ国語達人のバイリンガルマンガ

FC2アフィリエイト

英会話スクールWILL Square

Powered By FC2ブログ

FC2BLOG

ブログやるならFC2ブログ!

アメリカンロード
アメリカを歩こう!ボストン・NY・フィラディルフィア発、旅と生活のお話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチン周遊〜ブエノスアイレス①パレルモ地区とタンゴ鑑賞
2012年1月12日〜21日にかけて、アルゼンチン(ブエノスアイレス、メンドーサ、バリローチェ、イグアス)を訪れました。 
  
 
ブエノスアイレス到着

ニューアーク空港発の夜行便にて、翌朝10時半ごろにブエノスアイレスの国際空港(EZE)に到着。空港内にある空港タクシーのチケットを買い、ダウンタウンからは少し離れていているパレルモ地区を目指します。パレルモは世界最大規模の都市公園(2月3日公園)、SOHOというおしゃれなエリア.があり、地元の人にも人気があります。この日は土曜日だったので、地元の人も買い物や日光浴などを楽しむ姿が多く見られました。

    IMG_3085.jpg 
 
SOHO地区には、小さな公園が二つあり、この周りにアートやアクセサリー、デザインの凝った工芸品の露店があり、見ているだけでも楽しい!ふらっと入ったレストランで私はお勧めのエビサラダ、夫はアルゼンチンでよく見かけるトマトとモッツアレラのトーストと呼ばれるものを注文。おいしいレストランもこのあたりに多く、肉以外の料理も充実していてます。

IMG_3090.jpg  IMG_3083.jpg   IMG_3092.jpg

午後は2月3日公園へ。宿泊先のアパートメントで自転車を借りる予定だったのですが、乗るや否やパンクしていることが発覚したため、結局徒歩で向かうことに。街中から公園までと広い公園内を歩くとかなりの距離になるので、足がくたくたになりましたが、サッカーをする男性グループ、行楽に訪れる家族れの姿など、地元の人の休日の過ごし方を垣間見ることが出来ました。

初めてのタンゴ

夜はタンゴ鑑賞へ。ツーリスト向けのタンゴショウは通常送迎と食事込みで一人$100+くらい。この日に事前に申し込んでいた、Complejo Tangoのショウは送迎サービス、さらにショーの前に希望者には無料のタンゴレッスンがついてきます。私たちのホテルは送迎対象の範囲外だったのですが、問い合わせるとその場合はタクシー代のレシートを見せれば支払ってくれるとのこと。また、事前にこの日が夫の誕生日だと伝えると、ステージの目の前の大変よい席を用意してくれました。
さて、わくわくしながら参加したタンゴレッスン、とっても楽しかったです。参加者の多くはブラジルからの観光客で(アジア人は私たちだけ)部屋は満杯。これで本当にレッスンが出来るの?と思いましたが、心配無用でした。インストラクターはとても慣れていて教え方も上手。あっという間に時間が経ってしまいます。

IMG_3116.jpg IMG_3105.jpg  IMG_3107.jpg

タンゴレッスンで体を動かしておなかも空いてきたころ、ステージ兼レストランで食事をいただきます。ショーが始まってしまい暗い中で食べなくてはならないのかと思いましたが、そうではなかったので、ゆっくりいただけました。3コースでメニューの中から好きなものを選びます。ドリンクは水、炭酸水、ソフトドリンク、ビール、ワインは無料でお変わりも自由。お料理はあえて名物の肉料理を頼まなかったのですが、以外にもおいしくてびっくりしました。
デザートに差し掛かったころからいよいよショーが始まります。インタラクティブなショーを売り物にしていることだけあって、ここではパフォーマーとショーの合間も観客とのコミュニケーションが活発で、盛り上がります。ダンサーは皆比較的若い人が多く、女性の運動量はかなりのもの。男性の渋い表情もなかなかいいです。舞台がが狭い為、音楽バンドが二階にいて、ほとんど目に入らないのが残念ですが、とても楽しくて、あっという間に時間が経ってしまいました。

      IMG_3120.jpg    IMG_3093.jpg 

ここですっかりタンゴに魅せられてしまい、この旅行の最後の夜に、もう一度別のタンゴショーへ行きました。ホテルのフロントに勧められたLa Ventanaは、よりショービジネス感が強いですが、タンゲリーアの雰囲気が味わえる建物のつくりやデコレーションも凝っていて、雰囲気があります。音楽隊も同じステージでパフォーマンスを行うほか、歌手や大道芸人(?)も登場して華やかです。ダンサーの数が多く、カップルが一組ずつ登場して即興を行います。ベテランなのか少し年齢が高めのような気がしました。ここでは写真撮影は不可だったのが残念です。

旅のスタイル

 
アルゼンチン航空が発行しているVisite Argentinaという周遊パスを事前に購入し、都市間の移動は、時間の効率性を最優先に飛行機を利用。。アルゼンチン航空は予定通りに飛ばないことで有名ときいていたものの、変更があったのは一度だけ。事前にスケジュールに変更があれば、登録しているメールで知らせてくれるので、まったく問題はありませんでした。

 

目的地への移動は、主にタクシー、現地ツアーに参加する形にしました。メンドーサ、バリローチェなどはレンタカーの利用も考えたものの、アルゼンチンではAT車は一般的ではなくほとんど見かけることがありません。あったとしても、とても高値で費用対効果が薄いのが現実。ただ、ニュアル車での運転に慣れているのであれば、レンタカーもいいかもしれません。また空港送迎のシャトルは、最近値上がりして、場合によってはタクシーとほとんど値段が変わらないことも。

 

宿泊は、Booking.comというサイトを通じて予約。アルゼンチンの中小ビジネスでは現金主義が根強く残っており、宿泊に限らず、大手は別としてサービスの予約は、前払いかつクレジットカード利用不可(Paypal送金のみ可)、というものが多いので、事前に宿泊を予約する際は、上記サイトなどを利用したほうが楽です。

 

アパートメント、ブティックホテル、B&B(平均一泊2USD100前後)などに滞在しましたが、ブエノスアイレスなどの都市ではアパートメントの=にフロントが在住しないので、コミュニケーションが難しいこともあり得ます。ホテルはその点、フロントやツアーデスクなどがあるので、便利です。B&Bは朝食が付いてくる他、よりローカルでパーソナルな経験が楽しめます。

スポンサーサイト

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://americatabi.blog77.fc2.com/tb.php/37-5cb6b885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。