プロフィール

Author:マグノリア

最近の記事

カテゴリー

アフィリエイト

予約宿名人

日本の旅行お得な情報

最近のコメント

FC2アフィリエイト

父の日・ギフト・花束・母の日

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

12カ国語達人のバイリンガルマンガ

FC2アフィリエイト

英会話スクールWILL Square

Powered By FC2ブログ

FC2BLOG

ブログやるならFC2ブログ!

アメリカンロード
アメリカを歩こう!ボストン・NY・フィラディルフィア発、旅と生活のお話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モントレー、ヨセミテ、サンフランシスコ、ナパバレー

2006月5月8日から14日にかけて西海岸へ、モントレー、ヨセミテ国立公園、サンフランシスコをレンタカーで巡りました。


2006 yosemite 053  2006 yosemite 069

 

モントレー

サンフランシスコの空港からレンタカーで海岸線を南へ行くこと約2時間、モントレーに到着。港町のモントレーはのんびりした雰囲気。ダウンタウンのインフォメーションセンター近くに車を停め、湾に突き出た短い桟橋上のフィッシャーマンズワーフを散策します。サンフランシスコのそれと比べると素朴な雰囲気。お店の前のあちこちでクラムチャウダーのサンプルを配っているので、味比べが出来るのも楽しい。そのまま港の裏手に回りコーストガードに歩いていくと、岩の上に数え切れないほどのアザラシが日向ぼっこをしていました。モントレーは自然の宝庫。実はラッコの生息地でもあり、運がよければラッコにも出会うことができるとのことです。
今回宿泊したのはMartine innという海岸沿いのB&B。眺めが素晴らしく、踊り場に設置されているラウンジとチェアーは、腰掛けて本を読むのにぴったり。ティータイムに出されるバフェ式のオードブルもワインも美味、もちろん朝食もおいしい。アンティークの食器や調度品は一部朝食時やティータイムにも活躍。中庭もちょっとしたパティオ風のつくりになっていて、とても素敵な宿です。

             2006 yosemite 021            2006 yosemite 047


 

世界で一番美しいドライブウェイ

モントレーで一泊した後は、朝一番で17マイルドライブという有名なドライブコースを目指します。途中、名門ゴルフコース、ペブルビーチを通過。コースは周りの景色に違和感なく溶け込んでいて、碧い海と空と緑と、一生に一度はここでプレーしてみたいと思わずにはいられない、本当に最高に美しい贅沢なコースです。 更に南へ1号線を下ると、Big Surへ続くドライブウェイが現れます。絶壁の下に彼方まで広がる海岸線と、のどかな丘陵地帯の間をどこまでも走り抜けます。この辺りは私有地のため海岸線にはビーチが無く、ほとんど人の気配はありません。丁度よい具合に曲がりくねるカーブや坂が続く1号線は広く快適で、走りそのものも楽しい。このような場所は、あとにも先にも経験したことがありません。世界で最も美しいドライブウェイ、というのは決して大げさな表現では無いでしょう。

         2006 yosemite 044

ドライブを続けると、のファイファー・ビッグ・サー州立公園の先の坂の上にたたずむロマンチックなVentana Inn and Spaが現れます。ここの、ガーデンレストランでちょっとしたブランチ。白ワインとチーズがちょっとした幸せなひと時を運んでくれます。宿泊するには、お値段も高く予約も取りにくいという高嶺の花ですが、あまりにロマンチックで素敵な場所なので、すっかり気に入ってしまいました。いつか泊まってみたい。
後で聞いたところ、実はこの辺りはスピリチュアルな人々のたまり場で、たまにその手の権威が集まってセッションなどが行われているのだとか。確かに、どこか俗世を離れた落ち着いた不思議な雰囲気があります。


ヨセミテ国立公園

同じ1号線をカーメルまで戻り次の目的地、ヨセミテ国立公園へ向かいます。牧歌的な田園風景から深い針葉樹の森に囲まれた山道にさしかかるころには、もうすっかり薄暗くなっていました。
ヨセミテバレーを目指し暗い夜道を進むと、トンネルの入り口付近で当然はっと息を呑むような景色が目に飛び込んできます。左手には世界最大の一枚岩であるエル・キャピタン、右手には水量豊かなブライダル・ベール滝。満月に照らされて浮き出た岩肌が静寂を包みます。写とても神秘的な風景です。

ヨセミテの壮大な景観は、氷河が削り取って出来た渓谷。谷底を覗き込む形で展望が臨むグランドキャニオンと違って、ヨセミテでは谷底(ヨセミテバレー)に施設や観光の拠点があります。切り立った白く高い壁、垂直に流れ落ちる滝、まさに神の御業としか思えないような美しさです。

     2006 yosemite 078    2006 yosemite 114

ヨセミテでは何泊滞在し、ハイキングをするのが楽しい。初級者から上級者まで様々なトレイルが有ります。 中でもMist Trail、Vernal Fall経由でNevada Fallに到達するルートは山あり谷ありでとにかく楽しい。
ヨセミテバレー内の循環バスに乗ってMist Trailの入り口からスタート。滝の側の急階段を上るため、水しぶきでかなり濡れます。Mist Trailを克服してVernal Fallで一息。濡れて冷えた体を乾かし、更に上にあるNevada Fallへ。途中急な登りで足場が悪い箇所もありますが、頂上は拓けていて、眺めも抜群。ここまで頑張ってよかったな、という達成感が味わえます。
体力的にはもう少し楽なMirror Lake Loop Trailも素敵。平坦な道を川沿いに歩いてゆく比較的簡単なルートですが、ハナミズキや水辺の穏やかな景色が味わえます。
ハイキングでたっぷり汗をかいた後は、ロッジのバーでYosemite Pale Aleを!これがまたこくが有りながらフルーティで最高においしいのです。


      2006 yosemite 086    2006 yosemite 087   2006 yosemite 098   

 

サンフランシスコとナパ・バレー

サンフランシスコの「すずめのおやど」は、日本人(奥様)とアメリカ人(旦那様)のご夫婦が経営するとてもあったかいゲストハウス。ダウンタウンへのアクセスへも便利な海岸近くの住宅街にあります。一人1泊59ドルからと料金は信じられないくらい良心的です。平日だとなんと奥様手作りの夕食までついてきます。バスルームもお部屋もとっても綺麗。ここへ宿泊するとみなお宿のファンになってしまうようで、共通スペースのキッチンには、宿泊したゲストからの写真と手紙が一杯張られています。
 
                    2006 yosemite 144

ナパ・バレー
でのワイン・ティスティングは、この「すずめのおやど」主催のオプショナルツアーを利用しました。ツアーではいくつかの候補の中から
3箇所のワイナリーでストップしてくれます。それ以外でも、ここが行きたい!というリクエストも可能です。
今回はあの有名なOpusOneRovert Mondaviに加え、スペシャルリクエストをお願いしました。ナパのワイン・テイスティングは有料である場合が多く、Opus Oneなどの高級ブランドだと一杯30ドル程度、Rovert Mondaviの場合はテイスティングにいろいろなオプションをつけたツアーが用意されていて、高級で素敵な雰囲気を楽しめます。
一方、事前に下調べをして連れて行ってもらった
V.Sattui Winery120年の歴史がある家族経営の素朴なワイナリー。今までいくつもの賞も受賞しており、ワインのクオリティも確か。しかも、ここのワイン・テイスティングは無料なのです。ワインショップの奥がティスティング・バーになっており、ここでシャンパンからデザートワインまでのラインナップから、何種類もティスティングをさせてもらえます!。併設のギフトショップもサラミやらチーズやらオリーブオイルやら、イタリアンデリがとにかく充実していて、思わずいくつも買ってしまいそうに。花が綺麗なガーデンでは、ショップでサンドイッチやチーズを買ってピクニック気分も楽しむ人たちでにぎわっていました。
 
2006 yosemite 131     2006 yosemite 126


スポンサーサイト

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

アメリカ留学のブログを書いてる者です。今後の参考のために…って感じで遊びに来ました^^;いきなりすいません(汗)今後も参考のために覗きに来るかもしれませんが…w楽しいブログこれからもよろしくです。
【2008/07/08 21:53】 URL | アメリカ留学 #wLMIWoss [ 編集]

海外情報口コミサイトG2G
ブログ読ませていただきました。
海外での生活が伝わってきて面白かったです。

海外情報の口コミサイト、G2Gというサイトを立ち上げました。
地図上に海外のオススメスポットなどを書き込むことができ、
海外にいらっしゃる方々とコミュニケーションができます。
ユーザーの方々がより楽しめるサイトになるよう、
今後充実したサイト作りに励んで参ります。

ご覧頂いて、宜しければ是非ご登録ください。

G2G運営担当 田中

【海外情報の口コミサイト|G2G】
http://www.g2g.jp/
【2008/05/14 10:39】 URL | tanaka #ltnJuMLQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://americatabi.blog77.fc2.com/tb.php/30-2b449437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。