プロフィール

マグノリア

Author:マグノリア

最近の記事

カテゴリー

アフィリエイト

予約宿名人

日本の旅行お得な情報

最近のコメント

FC2アフィリエイト

父の日・ギフト・花束・母の日

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

12カ国語達人のバイリンガルマンガ

FC2アフィリエイト

英会話スクールWILL Square

Powered By FC2ブログ

FC2BLOG

ブログやるならFC2ブログ!

アメリカンロード
アメリカを歩こう!ボストン・NY・フィラディルフィア発、旅と生活のお話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のアラスカ(フェアバンクス)

NYは本格的なホリデーシーズンとなり、イルミネーションや街の様子、ショッピングなどが楽しい季節になりました。 昨年のこの時期は、ハードだった1年間のMBAのプログラムを終え、卒業式、友との別れの後、憧れのオーロラを観るために、1225日から29日にかけてアラスカ、フェアバンクスへ行っておりました。息をつく間もなかった2005年の締めくくりにふさわしい、印象的な旅行になりました。


   景色


冬のアラスカ


アラスカの魅力はなんといっても雄大な自然。 日照時間が21時間以上もある夏季には世界中からたくさんの観光客が押し寄せます。一方日照時間が4時間未満になる冬の間は観光客がほとんどいなくなります。そして冬にアラスカを訪れる観光客の約90%はなんと日本人だそうです。観光の目的は主にオーロラ観測です。北半球ではアイスランド、カナダのイエローナイフなどでもオーロラが観られますが、アラスカ、フェアバンクスが北半球で最も明るいオーロラが見える場所といわれています。オーロラ以外でも、冬のアラスカには犬ぞり体験、温泉、クロスカントリー、アイスフィッシング、北極圏やマッキンリー山を訪問するツアーなど、さまざまな楽しみ方があります。日本の現地旅行会社がいくつかあり、内容もかなり充実しています。


sora   yukinko


こういった旅行会社では防寒具も用意していてくれて、あらかじめ予約しておけばレンタルすることができます。荷物を減らすことができるので、大変助かるサービスです。
個人的に冬のアラスカに持っていったほうがいいと思うアイテムは、本です。夜が長いので、部屋で過ごす時間が必然的に増えるからです。そこで、普段から読もうと思っていた本、とくにできるだけ面白いものを持っていくことをお勧めします。ちなみにこのときは「ダビンチコード」と「天使と悪魔」と持って行きました。


 オーロラ観測>>



フェアバンクスと日本人

実はアラスカは実は日本から一番近いアメリカです。時差は18時間ありますが、距離的にはなんとハワイより近いのです。アラスカは1867年ロシアからアメリカに720万ドルで売却されました。フェアバンクスは1900年代初頭に、ゴールドラッシュによって発展を遂げ、現在ではアンカレッジに次ぐアラスカ第二の都市になっています。この街の発展の影には意外にもある日本人の活躍がありました。掘り当てた金鉱をゴールドラッシュに結びつける扇動者としての役割を果たしたのがこの和田重次郎という明治時代の人物でした。 彼は原住民以外では最高の犬ぞり使い(マッシャー)といわれ、エスキモーを率いて未開拓の地を探検して地図を作成したりなど、アラスカ開拓史に大きな役割を果たしたといわれています。 

  twilight

お勧め滞在施設 

フェアバンクスでオーロラ観測をするのであれば、ぜひチェナ温泉での滞在をお勧めします!チェナ・ホットスプリングリゾート(Chena Hot Springs Resortは 周りを大自然に囲まれ、水も電気も自給自足のリゾート。といっても大変よく管理されていて部屋もとても綺麗だし、レストランも整っています。なんといっても嬉しいのが温泉に入れること!屋内温泉プールのほかに屋外に広い岩風呂があり、雪景色と湯煙の中つかる温泉は、なんとも情緒があります(ただし、水着は着用です)。アクティビティ、リクリエーションもかなり充実していて、現地で申し込むことができます。以下、チェナ温泉での特にお勧めのアクティビティをご紹介します。



 犬ぞりスクール


チェナ温泉から歩いてすぐのところに犬舎があり、アクティビティセンターで犬ぞり体験を申し込むことできます。ただ乗るだけの体験もできますが、スクールでは、実際にトレイルを自分で犬ぞりで走ることができます。(スクールは事前に申し込み要)。人並みのバランス力があれば大丈夫とのことで、チャレンジしてみました。まず、犬舎にいってびっくり。100以上のハスキー小屋がずらりとならび、小屋の上に乗ってほえているものから、ぐるぐる回っているもの、寒いのか小屋の中でじっとしているもの、吠えて、自分の出番をPRするものなどがいます。そのなかからマッシャーであるインストラクターがおのおのの犬ぞりのチームメンバーを選びます。


犬舎  jimmy


次にそりに綱をくくりつけますが、この過程から、インストラクターの手を借りて、自分でトライすることになります。まず、そりの操作方法、号令を学びます。私には女性の、夫には男性のマッシャーであるインストラクター(私たちのときは両方ともアメリカ人でしたが日本人の方もいるようです)がつき、二人乗りでトレイルを犬ぞりで周りながらコツをつかみます。操作は簡単で、体重移動はスキーと同じ、ブレーキは体重をかけるだけという非常にシンプルなものです。トレイルも難しいものではなく、ところどころカーブやなだらかでないところに気をつけるくらいです。スキーと同じでバランスを崩すと転びます。スピードを出すと手と顔が凍えるほど寒いですが、犬ぞりを実際に自分で操縦するのはかなり楽しい経験です。怖さは全くありませんでした。一回も転ぶことがなく、マッシャーにも上手ね!とほめられた私ですが、最後の一周で、犬たちがそのまま気持ちよく暴走、号令をかけてもブレーキを思い切り踏んでもそりが止まりません。そしてそのまま私は投げ出され、置いてきぼり、チームは勝手に犬舎のほうに走っていってしまいました。全く怪我はありませんでしたが、取り残された私は戻ってきてくれたインストラクターと一緒に長い雪の道のりを歩く羽目に。結局私のチームは前を走っていた夫のインストラクターが捕まえてくれ、待っていてくれたので途中でまたそりに乗ることができましたが、夫はにやにや。やんちゃな犬たちはインストラクターにしかられていました。約2時間。本当に大変楽しい経験でした。


                            DSCF1421.jpg


クロスカントリースキー


チェナ温泉ではアクティビティーセンターでクロスカントリースキーをレンタルすることができ、まわりのトレイルを自由に探索することができます。特にインストラクターやガイドも必要ないので、短い昼間の時間の白銀の世界を自由に楽しむには、もってこいのアクティビティです。クロスカントリーは初めての経験でしたが、こんなに楽しいものとは思いませんでした。外は寒いものの、平らな場所を歩きながらすべるためかなりのエネルギーを使います。そのため、だんだんと体がぽかぽかと暖かくなってくるのですが、鼻のなかがなんだかむずむずしてきます。そう、なんと鼻毛が寒すぎて凍っているのです!同じようにまつげにも霜がつき、そして髪の毛はまるでおばあさんのような白髪に!周りは木々や川の他何もないので本当に静か、たまに見つける動物の足跡や自分の体に起こる自然現象を観察しながら2時間程歩くだけで、この短い貴重な昼間の時間を満喫できます。



     masa


アイスミュージアム


おそらく今年も開催していると思うのですが、冬季には氷の博物館にお目にかかることができます。これは仲がホテルのような建物になっていて、寝室やシャンデリア、アイスバー、シャンデリア、バルコニーや色々な氷のオブジェ、彫刻を楽しむことができます。アイスバーではアイスで作ったカクテルグラスでマティーニを飲めるようですが、(私が見学したときはやっていませんでした、時間が決まっているようです)。また、希望すればこの氷のホテルに宿泊することも可能のようです。


ice museum   シャンデリア


オーロラ観測>>


 



 



オーロラ観測について



「死ぬ前に一度でもオーロラを観たい!」と一人でアリゾナからこられた70代のアメリカ人の女性の方がおっしゃっていました。それだけオーロラには何か人をひきつける不思議な魅力があります。年間平均243日オーロラが観測できるというフェアバンクスとはいえ、オーロラは自然現象、必ず見えるとは限りません。そこで大体3日くらいかけてオーロラ観察をすることになります。(実際に1日目はオーロラを見ることができませんでした)。だいたい夜10時くらいにホテルを出発し、朝方3時くらいに帰ってきます。そのため、完全に昼夜逆転の生活になります。オーロラ観測といってもずっと外で寒い中でオーロラを探すわけではありません。山小屋やキャビンで温まりながら、好きなときに外に出て観察します。現地のオーロラガイドが必ずついていて、オーロラが出そうな兆候がきたら、ちゃんと教えてくれます。

オーロラ観測地点はいくつかありますが、私達は宿泊にあわせて三箇所の場所で観測しました。その中で快適さいう面で抜群だったのは、Aurora Borealis Lodgeです。これは熊谷さんという日本人の若いご夫婦が経営されているログハウスで、ゆっくりくつろぎながらオーロラを観ることができます。デジカメで写真も撮ってくださり、オーロラが出ていない間、中のテレビで見せてくれます。 気に入った写真だけ購入するシステムなので、大人気。下記がそのとき取っていただいた写真です。

 Aurora

 オーロラは一瞬の現象です。まずもやもやとした煙のようなものが突然現れてあれよあれよという間にカーテンになります。 またはずっと動かない雲のようなもやもやの塊が突然ラインを作ってゆれ始めたりと、まるで生き物のようです。このオーロラを観たまま普通の人間がカメラに収めるのは至難の業で、大体色が変わってしまいます。オーロラの写真のほとんどは上記写真を含め緑がかっていますが、実際はもっと白っぽい色です。(オーロラの色は温度によっても変わるようですが、白いものは大体写真に取ると緑色になります。) カメラはシャッタースピードが10秒以上でないと、オーロラは撮ることができません。そのため、カメラの貸し出しのサービスを行っている旅行会社もあるようですが、早めに予約しておかないと難しいようです。だめもとで普通のデジカメでトライしてみましたが、やはり何も映りませんでした。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://americatabi.blog77.fc2.com/tb.php/14-976d3aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカが気になったぞ

ホイットビー(イギリス) ダーウィン(オーストラリア) インチョン(韓国) 千歳市|千歳(日本) トロムセ(ノルウェー) マガダン(ロシア)・ 「ただいま機内に急病人の方が~」の経験:ユナイテッド航空・冬のアラスカ(フェアバンクス)・BGMへのこだわり?と、コ アメリカが気になったぞ【2007/03/05 01:19】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。