プロフィール

Author:マグノリア

最近の記事

カテゴリー

アフィリエイト

予約宿名人

日本の旅行お得な情報

最近のコメント

FC2アフィリエイト

父の日・ギフト・花束・母の日

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

12カ国語達人のバイリンガルマンガ

FC2アフィリエイト

英会話スクールWILL Square

Powered By FC2ブログ

FC2BLOG

ブログやるならFC2ブログ!

アメリカンロード
アメリカを歩こう!ボストン・NY・フィラディルフィア発、旅と生活のお話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドサークルとモニュメントバレー

今回はグランドサークルを巡る旅についてお送りします。グランドサークルとは世界遺産グランドキャニオンを含む国立・国定公園が集中するエリアです。昨年のサンクスギビングのお休みにネバダ州ラスベガスを基点として、このうちユタ州ザイオン国立公園ブライスキャニオン国立公園モニュメントバレー、最後にアリゾナ州グランドキャニオンを訪れました。


旅のスタイル

グランドサークルのエリアには見所がたくさんあるので、じっくり周ろうとするなら、レンタカーを借りて4箇所を現地4泊5日くらいの日程が少なくとも必要です。季節、どこを拠点にするか、何をするかにもよると思いますが、ザイオンとブライスキャニオンで2泊3日、モニュメントバレーとグランドキャニオンで2泊くらいが理想でしょうか。グランドキャニオン、ザイオンなどアクティビティやトレイルがたくさんある公園は、何泊かすれば、もっと公園のすばらしさを体験できるでしょう。もちろん、今回の私たちの様に2泊3日(1日目ザイオン&ブライスキャニオン)、2日目モニュメントバレー&グランドキャニオン)でも十分グランドサークルは楽しめます。 どの公園も、すばらしいですが、モニュメントバレーは特にお勧めです。映画やコマーシャルの中でしか見たことのないような、ダイナミックなアメリカの原景を目の当たりにすることができます。

 monumentvally

現地ツアーの利用

見所が多いこのエリアをいっぺんに回るのには、現地ツアーに参加するのもひとつの手。当時準備に十分な時間を割けるような状態ではなかった私達は、この旅では効率よく周るために日本人の経営する現地ツアーを利用しました。現地ツアーのいいところは、小さなグループで移動するのでツアーといえども臨機応変に案内してもらえること、また宿泊と移動について考えなくていいことです。ただ、いろんなツアーがあると思うので目的に会ったものを選ぶとよいでしょう。時間がないけれど効率的に回りたい人にはラスベガス発のツアーがお勧めです。ちなみに私たちの参加したツアーは11月23日現地発2泊3日で一人650㌦でした。(現地宿泊込み)。


もしハイキングがしたいなど、特別な希望があるならば、一言その旨を伝えておくとよいかもしれません。無理ない程度のリクエストに対しては、意外とフレキシブルに対応してくれます。いい会社、ガイドさんほどそういう反応があります。(もちろん、無理なわがままを言っても、それは断られます)。また、現地ツアーを利用すると、時々他のお客さんがおらず、実質プライベートツアーになることがあります。そういうときは、ガイドの方たちから、旅行にかかわらずいろいろな話が聞くことができます。彼らのプロ意識や持ち味もそれぞれ違うので、いろいろ話をすると面白いでしょう。もちろん他のお客さんと感動を共有する旅も、新たな発見や出会いがあって、またとても楽しいものです。
  
        weaping curve

お勧め見所スポット

このエリアの国立公園の中でもザイオン国立公園は色彩豊かな美しい公園です。巨大な岩にはさまれた渓谷の中に、美しい緑、川などが絶妙にバランスしています。岩肌が赤いため、緑とマッチすると、とても明るく暖かい感じがします。自然のけだけだしさというよりは、心地よい風、やさしい光、神秘的に調和している大地の美しさがザイオンの特徴です。ここでは少しでもハイキングを楽しまれることをお勧めします。初心者から上級者までたくさんのトレイルがあるので、飽きることはないでしょう。もし歩くのが好きな方であれば、ここで2日ぐらい滞在してもいいかもしれません。またロッククライミング、乗馬をしたい人にもお勧めです。アメリカ人とってはこのザイオンは憧れの地で、一度は訪れてみたい場所だそうです。

 zaion

ザイオンから北東へ1.5時間、景色を楽しみながらドライブすると、ブライスキャニオン国立公園にたどり着きます。先ほどのザイオンとは全く違ったユニークな風景に驚かされます。断崖のなかに色形もさまざまな尖った岩が群をなして広がっている様は、トルコのカッパドキアのキノコ岩を思い出させます。ここでハイキングに大目の時間をとってもらうようガイドさんにお願いして、ナバホループトレイルを案内してもらいました。このトレイルは崖のふちから谷底へ降りて行き、間近で岩を観察することができます。遠くから見ているのとは全く違う景色に驚きます。まるで岩が生きているようです。谷底まで降りたら帰りはクイーンズガーデントレイルを通って帰ってくるとよいでしょう。そのほうが上り坂が楽です。私達は今回は機会を逃しましたが、時間があれば、ぜひインスピレーションポイントで夕日や朝日、月光を楽しまれるのもいいと思います。光がさまざまな形の岩が陰影を創って、昼間とは違った幻想的な景色を楽しむことができるでしょう。 


 brycecanyon


ここから一度南へ戻りUS89を東へ行くこと2時間半、ペイジの街に到着します。ここにはレイクパウエルという大きな美しい湖があります。実はこれはコロラド川をせき止めてダムを造ったことからできた人造湖なのです。アメリカで人造湖としては2番目に大きいこの湖の周りには、レインボーブリッジ国定公園があり、ペイジの町から近いところではアンティロープキャニオンや、ホースシューベンド写真下)などの見所があります。また、ウォーターアクティビティも楽しめます。今回はここでホースベンドをのみを見学しました。砂漠の中を歩き、たどり着いた先にはダイナミックです美しい景色が。思わず写真を撮らずにはいられなくなります。 
  
 horseshoebend


ここから先はネイティブアメリカンのナバホ族居留地に入ります。そして今回のハイライト、モニュメントバレーへ。モニュメントバレーには、ネイティブアメリカインディアンの住んでいた時代を思わせる原野が広がっていてます。それは映画やテレビで見る以上に迫力があり、まさに人の手に触れられていない自然が手付かずのまま残されています。私たちが訪れたときはちょうどサンクスギビングの日だったため、公園は閉鎖、ガイドさんの交渉により、なんとか中に入れてもらうことができました。夕暮れのバレードライブは、この壮大な風景を私たち一行はほぼ貸し仕切り状態。道は舗装されておらずジープでバレーを走ります。大変乾燥しているので、砂埃が気になるところですが、ほとんどといっていいほど風もなく、ナバホの人たちが守ってきた壮大な景色に、ただただ飽くことなく見とれていました。
  
          momument valley

この日は近くのホテルに宿泊し、翌朝早く、朝日を観に行きました。寒い中、皆で宿から借りた毛布に包まってしばらく待つと、どこまでも続く平原とビュート(残丘)の間からうっすらと光が差し込み、色彩豊かな夜明けが始まります。こんなすばらしい、地平線からの日の出を見たのは初めてです。一生忘れられない思い出になりました。  

モニュメントバレー

モニュメントバレーからはグランドキャニオンサウスリムへ。展望台からも壮大な景色が楽しめますが、上からの景色だけでなく、渓谷を降りて見たい場所です。時間があったらここでぜひ、ハイキングやラフティングなどを楽しんでみてください。今回私は時間がなく、リムトレイルのハイキングも途中までで断念せざるを得ませんでしたが、次回はぜひ宿泊して、長いトレイルやラバツアーにチャレンジしてみたいと思います。 

  grand canyon

グランドキャニオンからラスベガスへ帰る途中は、有名なルート66(アメリカの歴史に残る旧国道)にぜひ立ち寄りましょう。お店がたくさんあり、色々かわいくて楽しいアメリカンなものが色々手に入ります。もちろん旅の締めくくりに記念撮影も忘れずに!  


                       route66

スポンサーサイト

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://americatabi.blog77.fc2.com/tb.php/11-dd88f68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。