プロフィール

マグノリア

Author:マグノリア

最近の記事

カテゴリー

アフィリエイト

予約宿名人

日本の旅行お得な情報

最近のコメント

FC2アフィリエイト

父の日・ギフト・花束・母の日

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

12カ国語達人のバイリンガルマンガ

FC2アフィリエイト

英会話スクールWILL Square

Powered By FC2ブログ

FC2BLOG

ブログやるならFC2ブログ!

アメリカンロード
アメリカを歩こう!ボストン・NY・フィラディルフィア発、旅と生活のお話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケープ・メイ
ケープメイはNYから車で約3時間、お隣NJ州の最南端にある、200年もの歴史があるリゾート地で、町自体が国の史跡となっている大変美しいところです。大きなホテルや高い建物などは一切ないので、時間を忘れゆっくりのんびりすごせます。町には色とりどりのB&Bがあふれており、その多くが19世紀に建てられた古い建築物です。中はアンティークなデコレーションで、まるで昔にトリップしたような気分になれます。


お勧めのシーズン

春から夏がピークですが、秋も紅葉がとてもきれいでお勧めです。

お勧めの過ごし方

ケープメイではぜひ自転車を借りてゆっくりのんびり楽しむのがいいと思います。街の中心にはモールがあって、レストランやギャラリーなどかわいいお店がたくさんあるので、ぶらぶらしているだけで飽きません。基本的に街は小さいのでほとんどどこへも徒歩か自転車で行くことができます。自転車を借りたら、ぜひSunsetBlvdを西に灯台までのサイクリングを楽しんでください。ドライブでは味わえない快感です。インフォメーションの近くにレンタサイクル屋があり、そこからが便利です。道は平坦なので疲れることもないので、体力がない人でも大丈夫です。本当にきもちいいですよ。お子さん用の自転車もあります。灯台についたらのんびり海岸で過ごしましょう。イルカの群れがみられることもあります。もちろん、灯台もぜひ立ち寄ってください。ここからのパノラマはすばらしいです。

おいしく食べる

ケープメイにはたくさんのおいしいレストランがありますがすばらしいのはほとんどのレストランでワインの持ち込みOKなこと!レストランでも注文できますが種類が限られます。インフォメーションの近くに大きな酒屋があるので自分で好きなワインを選んで持っていきましょう! レストランはどれも徒歩や自転車で行ける場所に多いので、安心してアルコールが楽しめるのもケープメイのいいところです。

さて、ケープメイと行ったらやっぱりシーフード。新鮮でおいしいシーフードがリーズナブルなお値段で楽しめるレストランといえば、フィッシャーマンズワーフにあるLOBSTER HOUSEです。レストランのほかRawBar、デッキもあります。お勧めはなんといってもStone Crab Claw! カチカチ割って食べるカニは本当においしいです。たった7ドルでこんなにおいしいカニが(しかも6つも!)食べられるなんて、びっくりしました。クラムチャウダーもなかなかいけます。ほかにもたくさんのメニューがあります。(子供用のメニューもあります。)名前をわすれてしまったのですが、ここで飲めるドラフトのビールもかなりおいしいです。ビールが好きで飲む方はピッチャーで買ったほうがお得です。いつも込んでいますがものすごく待つようなことはありません。活気がってとてもいいです。

お勧めの宿

ケープメイには大きなリゾートホテルはないのでの主な宿泊はB&Bかモーテルタイプのホテルになります。お勧めは色とりどりの、以下のもアメリカらしいかわいらしいB&Bですが、小さなお子様がいらっしゃる場合はモーテルホテルのほうがいいかもしれません。
B&Bではアットホームな雰囲気やアンティーク、午後のリフレッシュメント(ティータイムのようなもの、4時ごろにお茶やコーヒーお菓子などが出される。チーズやワインをサーブするところも)が楽しめますが、一般的に部屋はあまり広くありません。でもモダンな快適さよりも雰囲気を楽しみたいという方ならぜひB&Bへの宿泊をお勧めします! 

私達は今回Twin Gablesという小さなB&Bに3泊しました。このあたりでは、かなり良心的なお値段かつアットホームなB&Bです。InnKeeper(ホストのこと)のレジーナはかなりの料理上手、とってもおいしい朝食を毎朝出してくれます。TeaTimeにはこれまた絶品のカントリーケーキがサーブされ夫はかなりのとりこになっていました。レジーナは健康上の理由からローカロリーのものしか作らないので、カロリーを気にせずに食べられるのも嬉しい!


アメリカの小さなB&Bの特徴は、朝、宿の人や他のゲストと一緒に朝食をのんびりとること。たいてい相席のテーブルで朝食をとるので、普段交わすことのないアメリカ人との会話は、なかなか貴重な機会です。とくにおしゃべりなアメリカ人の話を聞いていると、彼らが普段何を考えて生きているのかが垣間見ることができ、今まで知らなかった新しいアメリカ人の一面を発見することがあります。

Twin Gablesにはリピーターの若い客が多く、30代のカップルが3組宿泊していました。彼らはマンハッタン、ワシントンDCなどの都市から来ており、典型的な都会の忙しいアメリカ人。どうやら彼らはバケーションではほとんど遠くへは行かないようです。たとえば、NYのマンハッタンで弁護士、出版会社勤務の共働きDINKSカップルなどは、日々とても忙しく働き、つかの間の連休は旅行で大自然や観光地を訪れるよりも、近くのリゾートでのんびりと静かに過ごすことを好むようです。1週間や2週間というようなあまり長いバケーションを取る余裕はないような
印象を受けました。


アメリカでのB&B宿泊についての注意

多くのB&Bは週末になると2日以上の滞在が必要になるところがほとんどです(祝日連休は3日)。また予約にデポジットがいるところが多く、キャンセルの規定も宿によってまちまちです。クレジットカードを使うのが一番楽ですが、使えない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活と旅行 - ジャンル:海外情報

セドナ

2006年4月11日~15日までアリゾナ州セドナを訪れました。街のすぐそばに雄大な自然があり、いろいろなアクティビティが手軽に楽しめます。古くネイティブインディアンの聖地としての文化的な見所もたくさんあるので、アウトドア派ものんびり派も満足。ゆったり過ごせるので、家族連れにもお勧めです。                                     Over


セドナの特徴

 スパやゴルフコース、アートやグルメが楽しめるおしゃれな街であるにもかかわらず、グランドキャニオンやモニュメントバレーを髣髴させるような赤い岩山が目の前に広がります。できれば何泊かして、アクティビティや街を楽しむのが良いでしょう。ニューエージの街でもあるのでそういったセッションを受けたり(占いやヒーリングのことです)やネイティブアメリカンの儀式に参加することもできます。)セドナは磁場が他の場所に比べて特に強い場所です。今回の旅行はボストンマラソンを翌々日に控えていたため、かなり足をきたえていたにもかかわらず、トレッキングをした後かなりの筋肉痛になりました。地に足がついて力がつくのでしょう、セドナにしばらくいると元気になる人が多いと宿の人に聞きました。
セドナの見所はこちら>>                              

お勧めの時季

冬はアメリカ人が避寒地として多くこの地を訪れるので混雑します。一方夏は大変暑いです。したがってお勧めは春と秋。ただし、春には花粉が飛ぶので花粉症の人は要注意。どうやらこの時季アリゾナ全体に花粉が舞うようで、私は最終日に途中でくしゃみが止まらなくなり、大変なことになりました。乾燥もしているのでマスクを持っていくとよいかもしれません。

 お勧め交通手段

ハイキングなどのアクテビティを楽しみたい方はフェニックス空港でレンタカーを借りるのがよいでしょう(ただし25歳以上である必要があります)。ただ、空港からシャトルバスも出ているし、アクティビティに申し込むと送迎がつくことも多いので、車がなくても十分楽しめます。セドナの街の中心(89A 沿いと109の突き当たりY路のほんの少し北)にインフォメーションセンターがあるのでそこで街の地図が手に入ります。

 お勧めの宿

Moestly Wood Bed and Breakfast は町の中心から車で10分ほど離れたところにありますが、カセドラルロック(ボルテックスという見所のひとつ)が真正面に見える、最高のロケーションにあります。RogerとCarolという老夫婦が経営していますが、二人とも好奇心旺盛で、親切、そしてとてもフレンドリー。レストランからお勧めのハイキングのトレイルまで、いろいろなことを教えてくれます。手作りの朝食もとてもおいしい!私たちが訪れたときは、1日目はRogerのWaffle,2日目はCarolのほうれん草のキッシュでした。事前に食べられないものを必ず聞いてくれるので、アレルギーのある方でも安心です。部屋は決して広くはありませんが、B&Bらしく、アンティークな小物があったりして、かわいらしいです。また、バスタブつきのシャワーが部屋の外にあり、プライベートなので快適。夜遅くなると、部屋の明かりをつけておいてくれるなど、さりげない気配りに感激します。無料で Wireless Internetも使えます。いろいろな国からの客を受け入れた経験があるので安心。リピーターが多く子供を毎年連れてくる人も多いようです。(一泊朝食付き 一部屋$145~165)

 おいしく食べる

 選べないほどたくさんのレストランがあるので、宿の人や現地のガイドさんにお勧めを聞くとよいでしょう。レストランの情報は下記現地情報リンク、または現地の無料の案内冊子にリストアップされているので参照のこと。(インフォメーションセンターやレンタカーを借りる際にもらえます)。お昼ごはんを軽く済ませたいときはスーパーのサンドイッチやパン屋でもかなりおいしいものがいただけます。反対に結婚式の披露宴並みの高級なフランス料理や地元の郷土料理を味わうことも可能です。ワインのテイスィングなどもできます。Oak Creek Brewery and Grill では地ビールとリーズナブルでおいしい料理が楽しめます。町の中心のモール内にあって便利なので、昼ごろから多くの人でいっぱい。サラダやピザもおいしいので、ちょっと軽くというときでも、しっかりご飯を楽しみたいときでも大丈夫。地ビールのサンプラーがあるのでビール好きにはたまりません。雰囲気も開放的でとてもいいです。

お勧めアクティビティ

ボルテックスをせっかく訪れるのであれば、見るだけではもったいないので、ぜひ歩いてみましょう。カセドラルロックやベルロックはまるで岩登りのようで、少しつらいですが、達成感があって面白いです。自分の体力と相談して注意して上ってください。現地ツアーも出ているので利用すると良いでしょう。ボイントンキャニオンはハイキングに近いのでのんびりと楽しめます。 エアポートメサは一番歩きやすい簡単なコースです。ほかにも初級から上級までのハイキングコースがセドナにはいたるところにあるので、歩くのが好きな人はぜひいろいろ挑戦してみてください。馬に乗りたい人には乗馬ツアーもあります。日本ではなかなか機会がありませんが、アメリカでは馬に乗って気軽にトレイルを周ることができます。またセドナには気球ツアーを催行している会社が二つあります(NORTHERN LIGHT BALLOON EXPEDITIONSRED ROCK BALLOON)気球のフライトはもっとも大気が安定する早朝に行われるので、いずれのツアーでも朝早くに集合し(送迎あり)、気球を膨らますところから始まります。フライトの後は朝食とシャンパンのサービス、そして気球に載ったという証明書がもらえます。上空からゆったり見る景色はまた格別です。ただし、高所恐怖症の方には向かないかもしれません。(高所恐怖症の私の夫にとっては地獄だったようで、もう二度と乗らないそうです)




 気球      hike








 セドナの見所はこちら>>                              




[READ MORE...]

テーマ:アメリカ生活と旅行 - ジャンル:海外情報

イエローストーン、グランドティトーン国立公園

Wyoming(ワイオミング)州にある、イエローストーン国立公園(Yellowstone)とグランドティートン国立公園(GrandTeton)。Yellowstoneはアメリカ初の国立公園であり、世界遺産にも登録されています。一方GrandTetonはアメリカの国立公園の中で最も美しい国立公園とされており、映画シェーンの舞台ともなった場所です。(写真下)     mount moran 
今回は2006年9月17日から22日の約一週間にかけて、GrandTetonに2泊、その後右回りにYellowstoneを3泊、最後にJacksonに1泊というスケジュールでこの2つの国立公園を旅行して参りました。


この国立公園の特徴


Yellowstone5つのエリアから成り立っていますが、それぞれ全く違った景色が楽しめます。キャニオンカントリー、ルーズベルトカントリーでは渓谷や滝が楽しめますし、レイクカントリーは水辺の素敵なところ。マモンスカントリーでは石灰岩でできたテラスを見ることができます。温泉や間欠泉がたくさんあるガイザーカントリーは地球の太古を感じさせるような景観です。またYellowstoneではいたるところでBison(バッファロー)の群れに遭遇します。時々道路を横断するため、車が渋滞になることも。ほかにもMoose(ムース)やElk(エルク)などといった動物を見ることができます。そしてYellowstoneを訪れるならぜひ隣接するGrandTetonも訪れてみてください。すばらしい光景に心が癒されます。チケットは両公園で共通となっているので、1週間はどちらへも出たり入ったりすることができます。この二つを効率よくじっくり周るにはJackson空港でレンタカーを借りるのが一番便利です



お勧めシーズン

夏場がシーズンで一番込みますが、一年を通して楽しめます。春先や秋口が狙い目だと思いますが、夏期にしかオープンしていない宿泊施設や道路があるので、注意しましょう。また、今回9月にもかかわらずで気温が摂氏0度まで下がり、雪が降りました。防寒はしっかりしていくほうがよさそうです。GrandTeton9月下旬ごろからすばらしいアスペンの黄色い紅葉が楽しめます。また春夏は花がとてもきれいだそうです。

お勧め宿泊

SignalMountainLodgeGrandTeton)はお値段がお手ごろ、ロケーションが最高です。併設のレストランも安くておいしいです。右下の写真はLodgeの前からとったもの。夏はカヤックなどのウォータースポーツを楽しむことができます。JennyLakeLodgeGrandTeton)は素朴だけれど雰囲気のある素敵なLodge。現在のオーナーはコロラドのスキーリゾートで有名なVailです。2人で一泊約500ドルもしますが、すばらしいディナーと朝食がついてきます。さらに宿泊者は無料で自転車をレンタルでき、希望者は2時間の乗馬ツアーに参加することができます。この乗馬ツアー(2時間)はすばらしいです。夜は満天の星が見えます。 YellowStone国立公園の宿発施設の中のひとつOldFaithfulInn(写真左下)もぜひ一度は訪れてみたいところ。 残念ながら泊まることはできませんでしたが、国の歴史的文化遺産にされている由緒あるロッジで、非常に趣があります。宿泊しなくても一見の価値があるでしょう。WagonWheelVillageJackson)は空港に近いかわいい街JacksonにあるB&B。ジャグジーも暖炉もついていて、綺麗で広いです。 


Old faitful Inn Jackson Lake

 

おいしく食べる

公園内のレストランではOldFaitfulInn、JennyLakeLodge、SignalMountainLodgeともダイニングルームはかなり充実していておいしいです。ただはじめの二つはちょっとお値段高めなので、私たちは他の日は安い食堂で食べたり、朝昼を軽く済ませるという戦略をとっていました。(公園内にはだいたいグロッサリーストアがあって、朝ごはんなどは買えます)。飲み物ではYellowstoneの地ビールOldfaithful,JacksonHoleの地ビールSnakeriverがおいしいです。またTrout(ます)などの淡水魚の魚料理がおいしいのでぜひ試してみてください。グリルしたものがさっぱりしていて胃にもたれず、個人的には一番気に入りました。

お勧めアクティビティ

GrandTetonでの乗馬はお勧めです。何しろ景色がすばらしいのでどのTrailを通っても満足できることでしょう。JennyLakeの乗馬ツアー場合、トレイルlは山の中へ入っていきますが、静かで紅葉が美しく、本当に天国のようでした。ちなみにアメリカでは乗馬は日本よりずっとカジュアルに楽しむことができます。乗馬は私の旅行先でのもっとも好きなアクテビティのひとつです。GrandTeton, Yellowstone共にハイキングができるトレイルがたくさんあります。GrandTetonではJennyLakeから始まるInspirationPointまでのトレイルが岩山登りのようで楽しいです。大人気のトレイルで、短いけれども結構のぼりがいがあります。YellowStoneLakeほとりのStormPointTrailは静かで別世界に来てしまったような湖の風景が楽しめます。ロマンチックでカップルにお勧めです。フラットで歩きやすいので誰でも楽しめます。Yellowstoneにはそのほかにもたくさんトレイルがあり、野生動物にあう可能性も高いようです。夏場は特に熊が出るようなので十分注意してください。

お勧め見所スポット

Yellowstoneといえばやはり間欠泉でしょう。OldFaithfulにあるロッジのどれかに泊まって見学するのが一番落ち着いてゆっくり見ることができます。レンジャーと呼ばれるボランティアがいろいろ解説してくれるので、英語がOKであれば、参加してみるのもとよいと思います。とてもわかりやすく間欠泉の仕組みや温泉の種類など、説明してくれます。同じ温泉でもWestThumbは景色が全く違います。湖の近くにあってとてもきれいなところです。GrandTetonの見所はやはりすばらしい山並みでしょう。山はJennyLakeやJacksonLakeなどからみてちょうど西側にあるので日の当たる朝方が、山々が最もきれいな時間帯です。早起きをしてSignalMountainに朝日を見に行ってみてください。茜色にそまるMt.Moranが見られます。朝方のOxbowBendは朝霧が立ち込める幻想的な世界が広がり、湖面には山が映えて大変美しいです。また、Jackson空港からGrandTetonへ向かうときのドライブルートが二つありどちらも大変すばらしいです。



[READ MORE...]

テーマ:世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル:旅行

NY近郊のゴルフ場
NYC近辺に住んでいて、本格的でなくてもちょっとグリーンを周りたい、というときがあると思います。NYには気軽に楽しめるゴルフ場がたくさんあるようなので、最近Queensにすんでいるお友達と一緒に行ったお手軽なゴルフ場をいくつか紹介したいと思います。

まずはFlushing Meadows Park内にあるPitch and Putt Golf Course. 40-80ヤードの短いコースが18ホールあります。クラブやボールの貸し出しは1ドル。料金は平日昼間12ドル、ナイター14.5ドル。(休日昼間は13ドル、ナイター15.5ドル)。平日のみ子供料金があり、半額になります。コースは短いのでドライバーを使うことはありませんが、アイアンやパターの練習をするにはいいところです。ここはメッツのスタジアムのすぐ近くで、マンハッタンから地下鉄で行くことができます。7番に乗って終点ひとつ手前の Willets Point Shea Stadiumで下車)。この公園自体がなかなかきれいで、近くにテニスコートなどもあります。とてもいいところです。

          グリーン               プレイ中

先日お友達カップルといったForest Park GolfはQueensのForest Park内にあって、秋は紅葉がとてもきれいなところ。週末のTwilight (10月現在は3時以降)は17ドル(平日16ドル)でプレイできるので、一人か二人で行くならいいかも。18ホール全部周れなかったとしても大変お得。ほかにもMembershipやクラスなどいろいろ充実しています。ところで、アメリカではカートを自分で運転しますが、これが結構ゴーカートみたいで楽しかったりします。でも運転にはどうぞご注意を。私の友達はここでブレーキをかけないまま降りてしまい後で大変なことに…大事には至らなかったので笑い話になりましたが。パワーカートのほかにもハンドカートが借りられます。こちらは4.75ドルとかなり割安です。

2年前に日本でゴルフを始めたものの、もともと運動神経も物覚えも悪い私は、普段はDrivingRange(打ちっぱなし)で練習。よくいくのはNJにある日本のスーパーMitsuwaにあるEdgewaterGolfRangeです。Mitsuwaへの買物ついでに便利ないせいか、でアジア系の人がとても多く、いつも大変込んでいます。70球で8ドル、105球で10ドル(そのほかにもSmall, large, extra large料金あり)と料金はまあまあ。朝7時から10時はEarly Birdで一カゴごとに無料でもう一カゴもらえるというお得な割引があります。夏のこの時間帯はものすごく込んでいますが、秋口になるとそんなに待たなくても打てます。ただし、朝は日がもろに当たる角度にあるので、この時間帯、特に日が短くなるころは少々つらいです。そういった意味では午後から夕方にかけてのほうが比較的打ちやすいかもしれません。受けたことは在りませんが、ここでは日本語でのゴルフのレッスンもあるようです。

万年Driving Rangeだった私もお友達のおかげでようやくグリーンを回り始めました。今シーズンはそろそろ終わりそうですが、新しいゴルフコースを試したときは、今後またUPDATEしていきたいと思います。

 

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

旅の目的地

 【米東部】   ケープメイ ・ フロリダ&キーウェスト

 【米西部】   イエローストーン&グランティトン ・ ヨセミテ国立公園
           グランドサークル&モニュメントバレー

【米西海岸】  モントレー ・ サンフランシスコ&ナパ


 【その他】   アラスカ(フェアバンクス) 

  【カナダ】   カナディアンロッキー 


 【南米】       パタゴニア(チリ編アルゼンチン編) ・ サンチアゴ(市内観光編)
           ペルー(クスコ編聖なる谷編マチュピチュ編

 チャペル アラスカ モニュメントバレー ヨセミテ



                                               ランキング1


[READ MORE...]
ユニークなワインセラー BEST CELLARS
アメリカに来てからだいぶワインの消費量が増えました。日本だとワインは高いし種類も少ないのであまり飲まなかったのですが、こちらでは中価格帯のワインの種類が豊富なので、もっと気軽にワインを楽しんでいます。でも種類が豊富な分、リーズナブルだけどおいしいものを探すのは、なかなか簡単ではありません。しかし、アメリカにはちゃんとリーズナブルだけれどおいしいワインだけを集めたワインセラーがあります。

BEST CELLARSNY、ボストンを中心にアメリカ東海岸を中心に7店舗あるワインセラーでオンラインでも販売をしています。他のワインセラーと違うのは、味わいのタイプ別から欲しいワインを探していけるというシステムをとっていること。ぶどうや地域からワインを選ぶのでなく、純粋に味覚からから入っていくわけです。決してワインの品揃えは多くはないのですが、値段の割に外れはなく、どれも安心して飲むことができます。また、新商品や仕入れやワインの回転もはやいので安心です。夕方にはよくフリーのテイスティングも行われています。店内は広くはなくシンプルでモダン、まるでブティックのようです。店員はみなとても感じがいいので、気軽に入ることができます。

置いてある種類が少ないので、ワインにこだわりがあって、探したい銘柄があるとき、スタンダードな銘柄を求めたいときなどは、このお店は適さないかもしれません。でももっとワインを開拓したい、いろいろな新しい味にチャレンジしたいときには、覗いてみるといいでしょう。ほかにはないニーズを満たしてくれる面白いお店です。



ボストンにいたときに家の近くにあったのでよく利用していたのですが、NYにも1店舗あるというので、しめしめと思っています。(しかも偶然にも今度も比較的家の近所です) 


テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

ボストンのお勧めレストラン

ここのクラムチャウダーは私の知る限り、ボストンで一番おいしいです(と私は思います)。ボウルでは大きいのでおのおのがカップでアペタイザーとして頼み、ロブスターラビオリ(一皿2~3人くらいでシェアするのにちょうどいい)、サラダ(ものすごいボリュームです)、人数が多ければメインをもうひとつ追加してシェアして食べるのがお勧めです。ここは生牡蠣、生クラムもアペタイザーで楽しめるので好きな方は頼んでみると良いでしょう。グラスワインも充実していて、フライトという3種類のワインが試せるサンプラーが赤白とも2種類ずつあります。市内の便利なにいくつか店舗があるので、ボストンが初めてのお客様がいらしたときに連れて行くにはおすすめの良いレストランです。


フレンチカンボジアンレストラン。おしゃれで品が良くなのに気取らない感じの良い店。サービスも味も良いです。カップルにお勧め。ここの一押しはなんといってもスープ!チキンスープもおいしいですが個人的にはトムヤンクンがお気に入りです。お料理はフレンチ系とカンボジア系に分かれていますが、どれも上品でおいしい。ワインも充実しています。


ニューベリーストリートにあるイタリアン。(店舗がもうひとつありますがメニューも雰囲気も違います)。店内はそんなに広くなくこじんまりしていて私たち夫婦のお気に入り。前菜盛り合わせと魚介のリングネがここのおすすめです。メニューは少ないけれどはずれがありません。ワインを頼むとグラスでもそのワインの名刺をくれます。アーティチョークやキノコのラビオリ、ティラミスなどのデザートもおいしいです。

テーマ:海外グルメ - ジャンル:海外情報

自宅で人をもてなすには?
アメリカに住んでいると日本の親兄弟から現地で知り合った日本人のお友達、外国人の友達までいろんなお客様をおもてなしする機会があります。ボストン限定ですが、男性でも料理が苦手でもできる簡単かつ喜ばれるおもてなしがいくつかあるので、ご紹介します。中にはほかの地域でも応用できるものがあるかもしれません。

ロブスターパーティ

ボストンといえばロブスターですが、外で食べると結構値が張る上に、味付けが今一だったりします。ならうちでロブスターパーティをしてしまおうというのがアイディアです。必要なものは大きなお皿人数分とロブスターの殻を割る専用のはさみ(Crate&Barrelなどで安く購入できます)、それとロブスター。ボストンではShawsなど普通のスーパーでロブスターが一匹10ドル前後で売っているので生きたものを買ってきて(NYだとチャイナタウンで安く売っています)、大きななべで沸騰したお湯にいれて10分ゆでればおしまい。Shawsなどでは魚売り場で頼めばゆでてくれますが、ロブスターをゆでるときから参加してもらえば、場はさらに盛り上がります。食べるときはレモン醤油かわさび醤油を用意しましょう。

このロブスターパーティは日本人に特に受けますが、外国の方がいらした場合には適切かどうかわかりません。以前イタリア人、コロンビア人、韓国人、日本人の女の子のお友達を呼んでこのパーティをしたら、はじめは盛り上がっていたのに、イタリアとコロンビアの子に生きたままゆでるといったらかわいそう、といわれてしまいました。女性だったからなのかもしれませんが、アジア人は基本的には食におおらかな分、外国人をもてなすときは少し注意しなくてはいけないかもしれません。

お刺身のおもてなし

アメリカ東西海岸では新鮮でいい生魚が食べられます。普通の魚屋では見かけないトロやはまちも自分で港に買い付けに行けば、信じられない値段で新鮮な安い魚を買い付けることができます。ボストンで買えるのはSee to Youというお店で金曜日の午後と土曜日の午前中のみ一般のお客向けに小売販売をしています。(NY近辺でも同様のお店を探していますが、聞いたことがありません。もしご存知の方がいたらぜひ教えてください。)トロ、はまち、まぐろ、と種類は限られますが、切り売りで好きなものを好きなだけ選んで注文します。冬場になるとあんきもがこれまた信じられない安い値段で売っています。あんきもをつくってもいいですし、ソテーすればフォアグラ風に食べられます。日本ではいくら??というものが安く食べられるのですから、皆さん喜びます。

外国人のお友達を呼ぶとき

ボストンでは学生だったため、いろんな国のお友達を呼んだりポットラック(もちよりパーティ)をしました。そんな中、やっぱり期待されるのは日本食。その人のエスニックによって受けはまちまちですが、受けが良かった日本食を参考までにご紹介します。あくまで私の個人的経験によるものなので、その辺りはどうかご理解を。


  • 枝豆…枝豆はすでにポピュラーでアジア人のお友達の家で反対に出されたこともあるのですが、とにかくお手軽なスナックなのでとりあえず持っていく/出しておいて間違えのないアイテムです。冷凍のものを常時ストックしておくと重宝です。Trader Joeで安く買えます。

  • 卵焼き…卵焼きはみんな大好きです。日本版オムレツです。

  • かぼちゃの煮物…スペイン人のお友達がむさぼるように食べていました。

  • きんぴらごぼう…あのしゃきしゃきがいいみたいです。

  • まきずし…まきずしはきゅうり、アボガド、スモークサーモン、ツナ、マヨネーズを使ってベジタリアン用(きゅうりのみ)その他の組み合わせで作るのが一番無難です。間違ってもいくらやうにを使わないほうがベターです。食べられる人と食べられない人がいるからです。うに、いくらが好きなぜいたく人の場合は日本食レストランつれていくか刺身でもてなしましょう。

  • コロッケ…コロッケはフランスから生まれたものでイタリア人にもポピュラーな家庭料理。したがってヨーロッパ人にも馴染み深いもの。日本風のコロッケはヨーロッパ人には新鮮でありながら、かつ受け付けやすいものです。

  • 唐揚げ…日本版フライドチキンなのでまず問題ありません。ユダヤ系の人がいる場合はKosher用のチキンを使えばOKです。

  •  お好み焼き…カレーと並んで大人数でパーティをするのに便利な食べ物の代表格。豚肉を食べられない人もいるので、えび、いかあたり中心に材料を用意しておいた方が無難でしょう。

  • 鉄板焼…外国人の場合、なべよりもこちらのほうが食べやすいかもしれませんね。

  •  おにぎり…意外かもしれませんが、おにぎりの作り方を教えてあげたらとても喜ばれました。ただし具には工夫を。お勧めはしゃけフレークを混ぜ込んだもの、ふりかけなど味が濃いもの、またすき焼きのたれで味付けした牛薄切り肉を巻きつけた俵型のおにぎりが好評でした。


持っていると大変便利なもの

ずばり、ホットプレート。お好み焼き、焼肉、餃子パーティなど何でも使えます。たこ焼き器などもあると楽しいかもしれません。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。