プロフィール

マグノリア

Author:マグノリア

最近の記事

カテゴリー

アフィリエイト

予約宿名人

日本の旅行お得な情報

最近のコメント

FC2アフィリエイト

父の日・ギフト・花束・母の日

FC2アフィリエイト

skyticket

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2アフィリエイト

12カ国語達人のバイリンガルマンガ

FC2アフィリエイト

英会話スクールWILL Square

Powered By FC2ブログ

FC2BLOG

ブログやるならFC2ブログ!

アメリカンロード
アメリカを歩こう!ボストン・NY・フィラディルフィア発、旅と生活のお話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチン周遊〜再びブエノスアイレスへ

ブエノスアイレス〜セントロ、レコレータとボカ地区

IMG_3450.jpg IMG_3444.jpg

 

コロン劇場

 

翌日は朝から激しい通り雨が来るという生憎の天気。お目当てのコロン劇場の見学ツアーチケットを手に入れようと窓口に行くと、2時間後までいっぱとのこと。雨も少し小ぶりになってきたので、とりあえずチケットを確保して、その間にカビルドや大統領府、そして、選ばれたばかりの第266代ローマ教皇、ベルゴリオ アルゼンチン大司教(現聖 ローマ教皇フランシス)が自宅から電車で通っていたという大聖堂など、街中を見学。大聖堂は中には入れませんでしたが、ちょうど時の人とゆかりのある場所を見ることだ出来、満足しました。



IMG_3364.jpg IMG_3365 - Copy IMG_3366 - Copy

さて、お目当てのコロン劇場は、2010年の建国200年祭に合わせて改装工事が行われたこともあり、期待を裏切らない美しさでした。(話によると改築前は、柱などかなり黒ずんでいたようです)。1905年に完成したこの劇場は20年も建築にかかった為、建築様式としては様々な様式を組み合わせてできた折衷様式で、実際にツアー(英語)で説明を受けながら見るとそれがよくわかります。内装の美しさもさることながら、この劇場は、その音響効果が素晴らしいことで、有名だそう。願わくば、この場所でぜひオペラを見てみたかったですが、生憎その時期に公演ありませんでした、残念。

           IMG_3372 - Copy     IMG_3369.jpg 

 



フリー・ウォーキングツアーで知る、レコレータ

 

午前中は自分たちでセンターを回り、レコレータへ移動して昼食をとった後、午後からのツアーに参加しました。(集合は現地)。ここ最近の傾向だと思うのですが、比較的安全で、チップの習慣がある国の大都市では、英語のフリー・ウォーキングツアーを見つけることができます。若い二人のガイド、CarolinaGabriel のコンビが案内してくれるBuena Onda Free Tourもその一つ。無料といっても侮ることなかれ、これがなかなかレベルが高いのです。(大体、事前予約制)。

ブエノスアイレスの由緒あるレコレータ墓地は、まず、その規模と豪華さに驚かされます。お墓というのは国や文化によってこんなに違うものなのですね。もちろん、ここに葬られているのは階級の高い人たちですが、それにしてもこんなに整備されて美しい墓地はこれまでも、またその後も見たことがありません。一種の野外美術館のようです。各墓にまつわる話、有名人の墓にまつわるエピソードなど、非常に興味深い話が多くあるのですが、中でも仮死状態で生き埋めになってしまった少女の話がとても印象的でした。エビータのお墓は花がいっぱい備えられているのですぐわかります。


IMG_3387.jpg   IMG_3388.jpg 


墓地の見学の後は、レコレータの高級マンションや大使館などが立ち並ぶ高級住宅街をセンターの方に向かって歩きながら見学し、フォーシーズンズのホテルの近くで解散しました。雨上がりとなった当日は、キャンセルが出たため、実質22のプライベートツアー。それなのに二人とも一生懸命説明してくれて、感激しました。


        IMG_ 5000




サンテルモとボカ地区とプエルト・マデーロ

 

ブエノスアイレス最終日、日曜日にあたるこの日は、骨董市で盛り上がるサンテルモ地区のドレーゴ広場と、タンゴの発祥地であるアルゼンチン最初の港町、ボカ地区のカミニートへ。まずは地下鉄に乗り最寄りの駅からドレーゴ広場まで歩きます。センターに比べるとだいぶ人が少ないですが、昼間であれば危ないということもありません。お店や倉庫のシャッターに描かれた〝芸術″(落書きではありません)を楽しみながら進むと、大勢の人で賑わうドレーゴ広場に到着します。出店やパフォーマーをはやしながら、お土産や骨とう品を物色。お目当てだったマテ茶のカップとタンゴの絵を購入しました。  


IMG_3413.jpg   IMG_3429.jpg


ランチの後はタクシーでカミニートへ。カラフルな木造の建物やアートで溢れた独特な街並みは、どこをとっても絵になります。、街角では美しい若い男女がタンゴを踊っています。(ちょうど日本のTV がこの様子を撮影していました。)レストランは何処もカジュアルで、中庭の奥の方で肉を炭火焼にしているので、近くを通りがかるといい匂いが漂ってきます。まるで別世界にきてしまったような、不思議で、歩いているだけで楽しい街でした。



 IMG_3422.jpg IMG_3439.jpg IMG_3445.jpg


ボカからタクシーに乗り、センターの再開発された倉庫街、プエルト・マデーロ地区で下車し、散策しながらホテルへ戻ります。このあたりはおしゃれなレストランやブティックが多いのと、夜景がきれいなので地元のカップルに人気とのこと。残念ながら川はあまりきれいではありませんが、暗くなれば確かにロマンチックかもしれません。 

                  IMG_3446.jpg

 

 

ケチャップ強盗にご注意

 

さて、ブエノスアイレスは治安はそれほど悪くはないのですが、よくある犯罪の手口でケチャップ強盗というものががあります。これは、後ろからケチャップをターゲットに本人が気が付かないうちに浴びせ、親切に教えてあげる様子を装って話しかけ、気付いた本人が慌てて気を取られている間にカバンなどを奪うというもので、ガイドブックやホテルのガイダンスなどでもよく注意を促しています。実際、本当にこんな場面はなかなか想像できなかったのですが、なんと実際に逢ってしまいました

プエルト・マデーロでレストランやカフェを冷かしながらセンターに戻り、ホテルまでの道を歩いていると、サン・マルティン広場近くで後ろから何やら声をかけてくる人が。怪しい感じだったので、かかわらないように早歩きしながら振り返ると、二人の背中や肩のあたりが、サルサのような緑のソースで汚れているではありませんか!そう、話しかけてきた怪しげな人物はまさにケチャップ強盗だったのです。幸い、何も盗られたりすることはありませんでしたが、隙があったのでしょうか。一見安全に見えたとしても、よくよく気をつけなけばならないなと改めて感じました。

 

その日、ニューアーク行の夜行便で出国し、フィラディルフィアへ戻りました。アルゼンチンを満喫した9日間でした。




スポンサーサイト
アルゼンチン周遊〜イグアスの滝

イグアスの滝

 

バリローチェから夕方の便でブエノスアイレスに向かいます。翌日は朝一番の飛行機でイグアスの滝へ、アルゼンチン側だけを訪ねる日帰りの旅です。空港についてタクシーを拾い、公園に向かいました。ドライバーは愛想がよく、英語でいろいろ教えてくれた上、日帰りだと話すと帰りの飛行機に間に合う時間に迎えに来てくれるといいます。入口につくと代わりにチケットを購入してくれるといいます。あまりに親切なので、ぼられたり何か別途請求されるのかと心配したのですが、そんなこともなく、本当にただの親切だったのでびっくり。帰りについても本当に迎えに来てくれるのかどうか半信半疑でしたが、とりあえず約束して別れました。


IMG_3332.jpg

イグアス国立公園は広く、離れた場所にはトロッコで移動できるようになっています。公園内に張り巡らされた遊歩道は、大小の滝を上下いろいろな角度から楽しめるようになっていて、飽きることはありません。そのスケールと並々ならぬ音と水量に圧倒されるばかり。ナイアガラなんて本当に比ではありません。

公園内の中には大きく分けて3つのトレイルがあり、まずはボートツアーの発着地への通り道ともなるCircuito Inferiorへと足を運びます。

IMG_3305.jpg IMG_3311.jpg



ここから、スピードボートで悪魔の喉笛を下から見物しそのあと別の滝の真下に入るボートツアーと
4WD車でのジャングルドライブを組み合わせたGran Aventura というというツアーに参加しました。とにかくどうあがいてもずぶ濡れになるという警告をあちこちで聞いていたので、服の下に水着を下に着用して、念のため折り畳み傘も装備。折り畳み傘は普通にさすことはどう考えても不可能だったので、せめて靴をガードしようと足元へ。荷物に関しては濡れないように防水の袋を貸してもらえるのでとりあえず安心です。

まずはイグアス最大の瀑布「悪魔ののどぶえ」を川から見上げるように見学し、そのままボートは風を切って進み滝つぼの近くまで行きます。そしてそこから勢いよく滝の真下へ飛び込みます。オー マイ ガー。それはそれは、ものすごい勢いの大量の水を頭から、横から浴び、目を開けてられません。水中用カメラももっていたのですが、シャッターを押すどころではありません。もちろん、折り畳み傘もはほとんど役に立ちませんでした。今思えば水中眼鏡を持って行ったらより面白かったかもしれません。2,3回別の滝つぼに飛び込むというスリリングな体験は、忘れられない思い出となりました。 

 IMG_3319.jpg IMG_3314.jpg


その後、そのまま川を南へ下り、乗船した時とは別の船着き場で降り、
4WDに乗り換えます。ここで少しだけ時間があるので着替えるチャンスもありました。ボートツアーだけだと、元の船着き場で下船し、ずぶぬれのままそのまま徒歩で別のトレイルまでかなり歩かなければなりませんが、このツアーではジャングルに生息する動植物の説明を聞きながらドライブを楽しみ、レストランやトロッコの停車駅のあるCentralで下車することが出来ます。

ここからトロッコに乗り、「悪魔ののどぶえ」の展望橋の入り口まで行きます。展望橋は大変整備されていて、ベビーカーや車いすでも問題なく、公園内のどのトレイルよりも大勢の人でいっぱいです。いたるところに撮影スポットがあるのですが、特にハイライトの展望デッキでは迫力満点の滝を写真に収めようとする見物客大混雑でした。

悪魔ののどぶえを見学した後は、トロッコでCentralまで戻ります。この時点でもうくたくただったので、ゆっくり休めるレストランで遅い昼食をとりました。食事に関してはオプションがあまりないので心配しましたが、バフェ式のレストランは、ソーセージや肉などはその場でグリルしてサービスしてくれるスタイルで、観光地の割には、なかなか安くておいしかったです。

IMG_3347.jpg  IMG_3353.jpg


昼食後は、締めくくりに
Circuito Speriorで滝の眺望を上から楽しんで、イグアスでの一日を終えました。さて、一応約束した時間に公園の出口へ向かうと、あのタクシーがちゃんと待っていてくれるではないですか!帰りももちろんぼられるなどといったこともなく、イグアスの感想を話しながら、無事空港にたどり着き、夕方の便でブエノスアイレスへと戻りました。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。